普段の活動

合宿

空から 航空部の主要な活動です!
グライダーを飛ばせる場所が大学近くにないため、主に木曽川の側にある滑空場や福井空港で練習しています。 日帰りで行くことは大変なので、一週間ほど泊り込んでつめて練習したり土日に練習したりします。

はじめは2人乗りのグライダーに教官と共に乗り、1から丁寧に操縦の仕方を教えて貰います。 ある程度の技量が身に着くと、自分の力だけで空を飛べるようになります! 初めて一人で空を飛んだ時の感動は今でも忘れられません。
一人で空を飛ぶ、上昇気流を見つけ長く空を飛ぶ、ランセンスを取得する、大会で優勝する……など各々目標を持って合宿に取り組んでいます。
初ソロ
合宿所では超早寝早起きを強いられてとても健康的(?)に過ごせ、部員同士普段見せないような違う一面を見ることができ、学年に関係なくみんな仲良くなります。
また、合宿はある程度の人数が必要なので、基本的に他の大学の航空部と合同で合宿をすることがほとんどとなり、他大学の学生とも仲良くなれます。




競技会

ラインアップ グライダー競技には2種類あります。
一つはスピードを競うものです。決められたチェックポイントをいかに早く回ってくるかを競います。グライダーにはエンジンが無いので、自力で高度を稼ぐことはできません。
上昇気流を探しながら高度を上げチェックポイントに向かう…なかなか奥の深い競技です。 ゴールまでの時間、上昇した高度などでポイントが付きます。

表彰 もう一種類は操縦の丁寧さ・正確さを競うものです。
離陸から上空での課目、着陸までを後ろに乗っている教官に採点してもらい、合計点で競います。 主にある程度操縦に慣れたグライダー初心者が対象となる競技です。

競技会は同立戦、新人戦、関関同立戦、東海関西大会(全国大会予選)、全国大会と年に5回あります。



学科・ミーティング

学科 普段はグライダーに乗ることができないので、週2回田辺のグライダー格納庫で学科やグライダーの整備をしています。
学科の内容は、グライダーの仕組みや飛んだり旋回したりする原理、合宿での仕事の仕方などを上回生が教えています。
また、グライダーで飛ぶためや合宿を運営する上でいくつかの資格を持っていると有利なので、それらの資格についての学科などを教えあっています。




整備

整備 もうひとつの活動のグライダーの整備は、主に耐空検査に向けての整備です。
グライダーは、車の車検と同じように一年に1回の検査が課せられているので、この検査に通るようにグライダー表面のひび割れの補修や計器の検査などをします。
整備は整備士さん監修の元、学生自身の手で行います!
また、同志社大学のグライダー格納庫は国内の大学でも最大級の広さを持っています。
そのため(?)、あまり長い間グライダーを置きっぱなしにしているとほこりまみれになってしまうので、グライダーを丁寧に拭いたりします。


   
inserted by FC2 system